パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  パッケージ表面加工いろいろ

パッケージ表面加工いろいろ

以前のブログでも、パッケージの表面加工をいくつかが紹介してきましたが、

今回は、今回は代表的な表面加工のいくつかを、それぞれの特徴と合わせて紹介します。

①ニス引き

弊社でいうニス引きは、オフセット印刷で紙の表面にニスを引く加工です。

パッケージ同士が擦れることによる色写りや剥がれなどを保護します。

グロスニスとマットニスがあり、印刷時に一度に加工できるので、短納期で、コストも安価です。

②ビニール引き

ビニール性の合成樹脂を紙の表面に塗布し、熱で乾燥させる加工です。

こちらも樹脂の種類によって、グロスとマットの2種類から選べます。

③プレスコート加工

紙の表面に樹脂をコーティングした後に、ローラーでプレスして、光沢を出す加工です。

コストはニス引きより若干上がりますが、申し分のない光沢感を出すことができます。

④PP貼り加工

表面にポリプロピレンフィルムを貼り合わせる加工です。

他の加工と違い、フィルムを表面に貼るため、耐久性、耐水性などに優れます。

こちらは、グロスとマットがあり、特殊なベルベットマットなどもあります。

⑤LCコート

紙の表面に樹脂を塗布したあと、その上からフィルムを圧着し、UV照射によって樹脂を硬化させ、

フィルムの形状を転写させる表面加工です。

転写フィルムの仕様によっては、部分的に光沢を出すこともできますし、ホログラムフィルムを使用することで、

ホログラム加工にすることもできます。

 

それぞれのパッケージに特徴を出すために、様々な表面加工をご用意しております。

表面加工でお悩みの方は、是非アート印刷所にお問い合わせください。

 

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ