パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  税抜き価格?税込み価格?

税抜き価格?税込み価格?

2014年4月1日に5%から8%に、2019年10月1日に8%から10%にUPした消費税ですが、

その2度にわたる消費税UPに対する総額表示義務の緩和措置も、2021年3月31日で終了します。

それまでは、例えば「本体価格1,000円」や「本体価格1,000円+税」などの表示が認められていましたが、

2021年4月1日以降は、「1,100円(税込)」のように総額表記が義務化されます。

 

衣類や薬品などの消費税が10%で統一されている商品に関しては特に問題はなさそうですが、

ファーストフードやコンビニなどで、店内と持ち帰りで総額が異なる場合はどう表示すればよいのでしょうか?

正解は、「店内と持ち帰りの両方の価格を表示する」もしくは「どちらかを前提に掲示して、

もう一方の場合は価格が違うことを注意喚起する」だそうです。

なかなかややこしいですね。

 

パッケージやラベルなどの表記内容も、あと半年の間に順次切り替えていく必要があります。

元データと変更内容の指示をいただければ、弊社でデータの修正をいたします。

金額を変えたり、ちょっとした成分表示の変更程度であれば、無償で結構です。

(パッケージやラベル本体の印刷をご依頼いただくことが前提ではありますが)

 

改版を機会に、加工依頼先の再検討をお考えの際には、是非アート印刷所にもお声がけください。

 

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ