パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  特殊紙、和紙などをシールに(後糊加工)

特殊紙、和紙などをシールに(後糊加工)

以前のブログにも書かせていただきましたが、よくお問い合わせいただく内容ですので、

もう少し詳しくご説明をしたいと思います。

一般的に、リンテックなどのタック紙メーカーでは、アート紙やキャストコート、ホイル紙、PETなど、

よくシール、ステッカーで使用される用紙に関しては、粘着加工(糊加工)をした製品を常備在庫していますが、

竹尾や平和紙業などが販売しているような特殊紙(マーメイドやレザック、あららぎなど)を粘着加工した常備品はほとんどありません。

そのため、ワインや日本酒などのラベルに、特殊紙を使用したいと思っても、粘着加工した用紙がなく、

断念せざるを得ないなんてことがあります。

その際に、弊社では「後糊加工」をお勧めしております。

「後糊加工」は読んで字のごとく、糊加工をしていない用紙に、印刷や箔押しをした後に、粘着加工(糊加工)をすることです。

「後糊加工」をすることで、特殊紙などを使用したオリジナルのラベルなどを作ることが出来ます。

後糊加工は、タック紙のようにいわゆる糊を引いてセパレーター(剥離紙)を貼り付けるパターンですが、

別の方法として、両面テープを貼り付けて、シール状にするパターンがあります。

後糊加工の糊は、「強粘着」の1番手しかありませんが、両面テープを貼り合せる方法であれば、

どのような両面テープを使うかによって、粘着力を選択することが出来ます。

一般的な平滑性のある瓶などに貼る場合は、後糊加工の糊でも十分だとは思いますが、

用途などに応じて、ご提案をさせていただきます。

 

特殊紙や和紙などを使用したオリジナルのラベルなどを作りたいとお考えの方は、

是非一度、アート印刷所にお問い合わせください。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ