パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  段ボールを使ったパッケージ

段ボールを使ったパッケージ

 

一般的なパッケージは、コートボールやカードBといった板紙を使用しますが、

化粧品やお酒、調味料など、瓶に入った商品用のパッケージを作る際には、

強度が求められるため、段ボールを使うことがあります。

段ボールといってもミカン箱のような分厚い段ボール(AフルートやBフルート)ではなく、

もう少し薄いEフルートや、さらに薄いGフルートを使ったパッケージです。

瓶などの割れやすい素材を守るだけでなく、少し重量のあるパッケージも同様です。

 

段ボール素材にそのまま印刷や箔押しをするケースもありますが、段ボールへの印刷はフレキソ印刷といって、

細かなデザインや、フルカラー印刷のデザインには不向きな方式です。

そのため、コートボールなどにオフセット印刷をして、それをEフルートなどに貼り合わせて加工をします。

そうすることで、段ボール素材を使いながら、板紙のパッケージと同じように仕上げることができます。

 

内容物や形状、サイズによって使用する用紙は変わってきます。

アート印刷所では、板紙や段ボール以外にも、様々な用紙を使用したパッケージの製作に対応しておりますので、

用紙を含めたご提案をご希望の際には、是非アート印刷所にお問い合わせください。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ