パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  既製品の取り扱いや抜型(木型)の流用に関して

既製品の取り扱いや抜型(木型)の流用に関して

弊社へのお問合せで、「既製品の取り扱いがありますか?」や「過去に使用した抜型(木型)を使えますか?」という内容のご質問をいただくことがあります。

結論から申し上げますと、誠に申し訳りませんが、既製品の取り扱いや過去に使用した抜型(木型)の流用はしておりません。

仮にボトルネッカーを作る場合、ボトルの形状やネック部分の大きさ、ラベルのサイズ・位置など、商品によって仕様は多岐にわたります。既製品や別の木型でボトルネッカーを作ったとしても、商品ラベルが隠れたり、サイズが合わなかったりするとあまり格好の良いものではありません。化粧箱の場合ですと、中身と外箱のサイズがぴったりあったパッケージでなければ、輸送時の破損などにつながる恐れがあります。

弊社では、ダミーサンプル作成や用紙、印刷、加工などのご提案を通じて、お客様それぞれのご要望に沿った製品作りを心がけております。また、様々なコストダウンのご提案などもさせていただきますので、お困りごとがありましたら、是非、アート印刷所にお問合せをお願いします。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ