パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  折り加工いろいろ

折り加工いろいろ

二つ折や四つ折、巻き三つ折なんて言葉を聞いたことがあるでしょうか。

チラシやDMなどでよくみられる、大きな紙を封筒などに入るようする折り加工の名前です。

 

1枚の紙を半分に折る折り方は、1面が2面になるので、二つ折です。

二つ折を2回すると四面になるので、四つ折となるはずですが、

縦横それぞれ1回ずつの四つ折と、同じ方向に2回の四つ折の、二通りの四つ折があります。

一般的に四つ折というと、縦横各1回ずつに折ることを言います。(直角四つ折や十字折ということもあります)

それと区別するために、同じ方向に2回細長く折るのは、巻四つ折という言い方をします。

 

その他にも、三面に折る三つ折(巻き三つ折)やジグザグに折る蛇腹折り、

両サイドから折る観音折りといった、一度は目にしたことがあるであろう折り方もあります。

また、縦方向の二つ折とと横方向の蛇腹折りを組み合わせるなどの、複雑な折り方もできますので、

大きな説明書を小さいパッケージに入れる場合などに便利です。

 

ただ、折り加工が多いと、内側に寄りジワが入ることがありますので、注意してください。

また、紙の厚みや種類によっては、複雑な折りの場合、背割れをおこしたり、

加工自体ができなかったりする場合もあります。ご了承ください。

 

事前の白紙による折り加工テストも可能ですので、折り加工でお困りの際には、

是非アート印刷所にご相談ください。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ