パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  合紙加工

合紙加工

板紙にも厚みがいろいろあり、薄いものからかなり厚いものまであります。

ただ、その厚みも限界があります。

吊下げボードの台紙などは、2ミリないし3ミリの厚みが必要となりますが、

さすがに1枚の紙でそこまでの厚みを出すことが出来ません。

そういったときに、合紙(ごうし)という加工を使います。

「合紙」とは、複数のを貼りわせる加工のことです。

例えば、吊下げボードの台紙の場合は、表裏がコートボール、中層にチップボールというように、

3層で貼り合わせます。

ブリスター台紙など、もう少し薄い場合は、コートボールを2枚貼り合わせます。

 

例えば、表裏に印刷、PP貼りをしたい場合、厚いカードBに両面印刷、両面PP貼りをするよりも、

コートボールの片面に印刷、PP貼りをしてから、二つに切って、その2枚を貼り合わせることで、

コストを抑えられる場合があります。

 

また、フルカラー印刷などのデザイン性と強度の両方が必要とされるパッケージの場合、

コートボールとE段などの段ボールを貼り合わせることもあります。

 

合紙加工に興味を持たれた方は、是非アート印刷所にお問い合わせください。

 

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ