パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  丁合作業について

丁合作業について

今回は丁合作業についてブログを書きたいと思います。

 

もともと丁合というのは、冊子を作る際に、別々に印刷した異なるページを、

ページ番号順の仕上りになるように並べていく作業のことを言います。

その仕様によって、機械で作業をすることもありますし、手で作業をすることもあります。

最近のコピー機なんかは、複数枚を一度にコピーした際に、丁合をするのか、

それとも1種類ずつ重ねてコピーするのかを選ぶこともできます。

 

丁合作業の派生形として、例えばスクラッチカードなどの仕分け作業があります。

例えば、A賞を1枚、B賞を2枚、C賞を7枚、ハズレを490枚、合計500枚でセットする仕様だとします。

この場合、ABCは、Aだけの刷本を1枚、Bだけの刷本を2枚、Cだけの刷本を7枚で丁合し、

その10枚1セットをどんどん重ね、仕上がったものを、断裁することで、

A×1枚+B×2枚+C×7枚のセットがたくさんできます。

それに、別で印刷、断裁したハズレ490枚を重ねることで、1セットが完成されます。

こういった作業も、弊社では丁合と呼んでいます。

 

丁合やセット、仕分け作業には、それぞれの仕様に応じた最適な作業方法があり、

その方法を間違うと、必要な、時間と労力が大幅に変わってきます。

アート印刷所では、長年の実績により、より最適な作業方法を選定することで出来、

結果的に、お客様に、短納期で、安価に製品をお届けすることが可能です。

 

面倒な丁合作業にお困りの際には、是非アート印刷所にご相談ください。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ