パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  パッケージの貼り加工

パッケージの貼り加工

以前のブログで、パッケージの底面形状について書かせていただきました。

ブログ パッケージの形状/底面いろいろ

底面形状の違いによって、パッケージを展開状態から、貼り加工をするときの、

貼る位置や、貼り合わせる数は異なります。

例えばサック箱や地獄底の場合は、側面の1か所をストレートに貼り合わせるだけです。

ワンタッチ箱の場合は、側面1か所に加え、底面で2か所、合計3か所を貼り合わせることになります。

N式や組箱の場合は貼り合わせる必要がないので、その分のコストが抑えられますが、

箱を成型するのに手間がかかるので、大ロットではあまりお勧めできません。

N式とよく似た形状で、フォーコーナーという箱がありますが、N式と異なり、

四隅が貼り合わせてあるため(フォーコーナーの名前の由来)、箱の成型が非常に簡単にできます。

4か所の貼り加工が必要なので、その分コストは上がるのですが、作業性が良いので、

こちらは大ロットの場合、特にお勧めです。

 

話は変わりますが、ニス引きの場合は、後工程で貼り加工をする箇所には、カラーやニスを印刷してはいけません。

インキが紙に乗っていると、糊が含侵せずに、きちんと貼り合わせができないからです。

PP貼り加工などの場合も、一般的なラミネートではなく、糊貼り加工適性のあるラミネートを貼る必要があります。

 

また、貼り加工をする場合、通常は機械で貼り合わせることが一般的ですが、どれだけ数量が少なくても、

最低料金設定があるため、小ロットの場合は、単価に換算すると割高になることがあります。

そういったときは、貼る形状にもよりますが、内職による両面テープ貼りで加工をすることがあります。

 

貼り加工一つを取っても、それぞれの仕様によって、様々な工夫が必要となります。

アート印刷所では、お客様のニーズに合わせて、最適なご提案させていただきます。

 

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ