パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  パッケージの形状紹介 N式とフォーコーナー

パッケージの形状紹介 N式とフォーコーナー

今回は、パッケージの代表的な形状の一つ、N式とフォーコーナーを紹介したいと思います。

仕上りの見た目は、N式をフォーコーナーはよく似ているのですが、N式には貼り加工がないのに対して、

フォーコーナーはその名の通り、四隅すべてを貼り合わせしています。

N式は貼り合わせがない分組み立てに手間がかかりますが、フォーコーナーは4か所貼っていることもあり、

ワンタッチ底と同じように、簡単に組み立てることが出来ます。

貼り加工のないN式と四か所を貼るフォーコーナーでは、同じ仕様の場合、どうしてもフォーコーナーが高くなります。

ただ、作業性が良いことをメリットとした考えると、一概にはどちらがおすすめとは言い切れません。

数量や使用する状況などを踏まえて、検討いただければと思います。

それぞれの詳細は下記URLを参照ください。

N式 http://www.jp-artpt.com/shape/#l06

フォーコーナー http://www.jp-artpt.com/shape/#l07

 

 

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ