パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  タックラベルについて

タックラベルについて

前回のブログでは、グルーラベルについて書かせていただきましたので、

今回は「タックラベル」についてご説明しようと思います。

 

グルーラベルが糊加工無しのラベルに対し、タックラベルは裏面にタック加工(シール加工)がされたラベルです。

タックラベルはさらに、ロール仕上げとシート仕上げの二つに分けられます。

シート仕上げのほうが、ロール仕上げに比べ、より小ロットの場合に使用されることが多いです。

 

シート仕上げでも、1枚ずつ仕上げるケースと、1枚のシートに何枚かのラベルを並べて仕上げるケースがあります。

1枚ずつで仕上げる場合は、剥離紙(ラベルの裏の剥がす紙で、セパレーターや離型紙とも呼びます)に、

切込み(ウラスリット)を入れ、剥がしたり、貼ったりするのがしやすい仕様にするのが一般的です。

1シートに何枚か並べる場合は、ハーフカット加工(シールの形に抜く加工、シール本体は抜いて、

剥離紙は抜かないので、半抜きとも言います)をしたのち、

カスアゲ(ラベル部分を残して、周りの不要な部分を取り除く)をすることがあります。

 

以前のブログにも書かせていただきましたが、弊社ではメーカーで作っている既成のタック紙だけではなく、

竹尾などで作っているマーメードやレザックのような特殊紙を、タック紙に加工することも可能です。

 

お酒やワインなどのラベルの印刷でお困りの際は、是非アート印刷所にご相談ください。

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ