パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  グルーラベルについて

グルーラベルについて

前回のブログで、ラベルには大きく分けて、「グルーラベル」と「タックラベル」の2種類があるとご紹介しました。

今回はその中で、「グルーラベル」について掘り下げたいと思います。

前回も書かせていただきましたが、グルーラベルの「グルー」とは糊のことで、

裏面がシール状になっているのではなく、酒造メーカーなどで糊を裏面に塗って貼り付けます。

代表的なのは、ビール瓶のラベルで、瓶は使用後回収され、メーカーに戻り、特殊な液体に漬けることで、

きれいにラベルをはがすことができ、その瓶はまた再利用されます。

 

グルーラベルは、基本的にメーカーのライン上で貼られることが多く、大ロットの製品に向いています。

一般的にグルーラベルに使用される用紙は、「片面アート紙」といって、表面は一般のアート紙同様、光沢があり、裏面は上質の紙です。

裏面にコート加工をしていないことで、糊との相性が良く、瓶などにキレイに貼ることができます。

その代表銘柄は「N金藤片面アートL」や「OK金藤片面アート」です。

片面アート紙以外にも、マットコートや上質紙、和紙系の特殊紙などを使用することもあります。

 

弊社では、印刷・加工されたグルーラベル1枚1枚を、目視で検査してからお客様に出荷しております。

グルーラベルをご検討、もしくはグルーラベルのことでお困りの際には、是非アート印刷所にご相談ください。

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ