パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  アイスクリーム パッケージ(箱アイス)

アイスクリーム パッケージ(箱アイス)

暑い日が続きますが、皆さんは夏バテなどしていませんでしょうか。

こう暑いと、どうしてもアイスクリームなどが欲しくなります。

同じ種類や数種類のアイスが、一つの箱に入って売っているアイスを、箱アイスなどと呼びます。

我が家でも、夏場はスーパーに売っている箱アイスを、冷凍庫に何種類か常備在庫しています。

 

スーパーなどで箱アイスを買って、ドライアイス無しで、そのままレジ袋に入れて持って帰ると、

大体の箱は、少し湿ってふにゃふにゃになっています。

箱アイスに使われている紙のほとんどは、厚紙の代表格の一つの、コートボールです。

(あくまでも、我が家で今まで買ってきた箱アイスを調べた範囲ですが)

コートボールには、基本的には耐水加工はされていませんので、持ち帰り途中に結露などによって、

箱が濡れてしまい、家に帰るころにはふにゃふにゃになってしまうのです。

 

それでは、なぜ耐水紙を使わないのでしょうか。

ここからはあくまで私見で書かせていただきますが、耐水紙を使わない理由は大きく二つあります。

一つ目が「値段が高いから」です。

コートボールに比べると、耐水紙は値段が高いです。スーパーなどで売っている箱アイスの値段は、

安いものだと100円台、高いものでも300円~400円ぐらいです。

ですので、あまり箱にコストをかけるわけにはいきません。

2つ目が「絶対に耐水紙でないといけない理由がないから」です。

メーカーで、アイスクリームを作って、箱に封入した後、箱はほぼ冷凍保存された状態にあります。

冷凍保存されている限りは、凍っていますので、箱がふにゃふにゃになってつぶれることはほとんどありません。

箱に結露が付着するのは、お客さんが購入して、家に持って帰る間ぐらいしかありません。

家に持ち帰ることが出来れば、パッケージとしての役目は、ほぼ果たしたと言えます。

ちなみに我が家では、箱アイスを持ち帰ったら、すぐに箱から出して、中身だけを冷凍庫に入れ、

箱は捨ててしまいます。冷凍庫が狭くて、箱ごと入れるスペースがないからです。

 

結局私が何を申し上げたいかというと、冷凍食品などのパッケージだからといって、

必ずしも耐水紙を使用する必要はないということです。

その用途や、使用されるシチュエーション、あるいはコストなどを見極めて、

耐水紙を使用するorしないを決め、場合によってはPPなどのラミネートを使用するなど、

適正な仕様でパッケージを製作することをお勧めいたします。

 

アート印刷所では、それぞれの仕様やコストに合わせてご提案をさせていただきます。

是非一度お問い合わせください。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ