パッケージ印刷・パッケージデザイン(大阪)|デザイン・印刷・販促ツール製作ならお任せ下さい

BLOG

パッケージ印刷(大阪)のアート印刷所 TOP  >  BLOG一覧  >  お酒のラベル

お酒のラベル

日本酒、ワイン、ウイスキーなどお酒といっても様々な種類があります。

お酒の容器といえば瓶が主流ですが、最近はペットボトルのワインなんかも見かけるようになりました。

輸送コストや、回収・リユースの手間を考えると、そのほうがコストが抑えられるのでしょうか。

ペットボトルのラベルはみなさんご存じの通り、印刷されたシュリンクフィルムを使用するのが一般的です。

 

一方で、瓶に貼るお酒のラベルには大きく分けて2種類あります。

一つは裏面がシール状になっているもの、もう一つはシール状ではなく、

酒造メーカーなどで特殊な糊を塗布しながら貼るタイプのものです。

前者は「タックラベル」、後者は「グルーラベル」と一般的には呼ばれます。グルーは接着剤のことです。

タックラベルにも大きく分けて、ロール仕上げのものと、シート仕上げのものがあります。

ロットや貼る場所の設備、使用する紙などによって使い分けがされています。

それぞれの特徴については、改めてブログでご紹介いたします。

 

弊社では、それぞれのご要望に合わせて、最適な仕様をご提案させていただきます。

お酒などのラベルをご検討の際には、アート印刷所に是非ご相談ください。

 

各種資料ダウンロード
アート印刷所が選ばれる理由
思わず手を伸ばしたくなるパッケージ テノバースパッケージ登場! 詳細はこちら
販促ツールによる販促支援の企画から製作までトータルにサポート! アート印刷所の販促支援
ページトップ